ヨガはダイエット・健康の両方にいい

ヨガの発祥はとても古く今から、4500年前にインドで誕生しています。 そして、日本に伝来したのは役1000年前の平安時代とされています。 その頃は、今のようなものとは異なり瞑想が中心のものになります。 本格的に、国内でヨガを今のようになったのは1970年代に第一次のブームがありました。 その後、健康やダイエットにも効果が高いことからブームは現在も続いています。 女性がする場合、一番の理由はやはりダイエットが目的になります。 ダイエット効果が、高くあるのは有酸素運動なので、続けることで代謝が上がり、体内の血行を良くして行きます。 肥満の原因である冷えを解消することで、太りにくい体質に改善ができます。 また、ダイエット効果以外にも健康にも大きく関係がしています。 血行がよくなることで、免疫力が上がり病気になりにくくしていきます。 また、柔軟性アップさせることで転倒などのケガも予防ができます。 精神的にも大きな効果があります。 普段の生活は眼や耳など五感を通して体は刺激を受けています。 これを、ヨガの瞑想することで脳のリラックスや心地いい筋肉の刺激をします。 こうした行為が、心の内面に働きかけ精神を落ち着くようにします。 初めて、ヨガをする時は色々なポーズがあるので難しいとおもわれがちです。 しかし、基本的な考えは無理をしないことです。初めから難しいことは出来なくて当然です。 自分の出来る範囲で、そのポーズに近づけることが大切です。 不思議と、誰もが何回か重ねていくと出来るようになります。また、全ての動作が終了した時に体の力を抜いて瞑想します。 この時に、今までのポーズの効果が体に出てきます。 ダイエットが目的なら、確実に結果が出せるだけでなく体も健康にしてくれます。 この事で、人生に前向きになることができ、自分らしく生きる意味も見つけることができます。 そして、はるか遠い昔から、現在まで続くにはとても大きな意味があるのです。

ページ上に戻る